社長ブログ

社長ブログ
/ President Blog

遣り方(やりかた)だし 工事の基準点 カネカのお家ソーラーサーキット住み心地のいい家

2018.08.08 カテゴリー:福岡市南区二世帯だけど嫁中心の家



福岡市南区中尾で二世帯だけど嫁中心の家、新築工事前の準備です。
住み心地最高な外断熱二重通気工法カネカのお家ソーラーサーキットでつくります。

遣り方(やりかた)

新築工事をする際に工事の基準となる柱の位置、高さを木杭と杉板を使い敷地に表すこを遣り方といい。地面に書いても消えるので、消えないように木杭に板を使ってやるのが遣り方(やりかた)です。

基礎工事をする際に工事の基準点を杉板に書き記す遣り方(やりかた)だしです。岩﨑棟梁と中川大工、現場監督の鎌で遣り方だしです。




敷地に木杭を打ち込み、そこに杉板を張ります。




杉板に柱の位置、高さを書き記していきます。




遣り方(やりかた)だし完了です。
この遣り方を基準点として基礎工事を行います。いよいよ建築工事開始です。
一覧へもどる

お電話、またはフォームよりお気軽にお問合わせください。

当社に関するご質問や、各種サービスに関するご相談は、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら
TOP