• 家づくりへの思い
  • 施工実績
  • ソーラーサーキットの家
  • 電気代が安い家
  • 愛犬家住宅
  • お客様の声
  • フェイスブックでチェック!最新情報随時更新中。
  • FSUITE/SUITE
  • 用語集
  • 社長Blog

用語集

用語集

現在「あ」行に該当する項目はございません。

「換気」かんき

   快適に省エネで生活するために、家には断熱材を使用して外気の影響を受けにくくします。そしてさらにその断熱材は、隙間をつくらないように気密工事を行います。そこで初めて高気密・高断熱の家になります。隙間だらけの家だと断熱工事をしても意味がないのはお分かりですよね。断熱工事をするなら高気密に作る必要があるのです。
   では、この2つで「住み心地」のいい家になるのでしょうか?

   いえいえ、まだ足りません。換気が必要です。

   我々人が生活をすると、呼吸により酸素を吸って二酸化炭素を吐きます、身体についてくる外のホコリ、私たち自身が出す垢など部屋はもちろん室内の空気も汚してしまいます。近年では社会問題にもなったシックハウス問題。家の建材に使用されている化学物質が我々の健康を害してしまうということ。このシックハウス問題から建築基準法が改正され24時間換気の義務付けと建材に含まれる化学物質が規制されるようになりました。
   現在では、建材に含まれる化学物質の量はごく微量になり人体に悪影響を及ぼすものはほとんど使われなくなりました。実際のところ、中国などから輸入される家具やカーテンなど規制対象外の物からの化学物質が問題になっています。 また、部屋の匂い取り(ファブリーズに代表されるもの)もよくよく成分を見ないと怖いものもあるのです。
   また、アレルギー疾患の方が増えていますがその原因の一番がハウスダストだといわれています。これは、室内のごみ・ホコリのように思われますが、ハウスダストの一番の原因は、結露によるカビの発生です。このカビが目に見えるところで、日頃お手入れができればいいのですが、壁の中で発生されると気づかないままカビの胞子を吸い続けている、なんてことになるのです。

カビが生えたグラスウール

   写真は多くの家で使用されているグラスウールという断熱材に黒カビが発生しているものです。建て替え工事で壁を剥がすと、ほとんどの家でグラスウールの結露によるカビが見られます。


腐朽菌に侵された柱

   写真は、結露により柱などが腐朽菌に侵されてぼろぼろになっています。こうなると室内の空気だけではなく、家の構造体としての耐久性も劣化していることが分かりますよね。
(※阪神淡路大震災において倒壊した家屋を調べたら、倒壊した家屋はすべて結露による柱の腐れか、シロアリの被害による柱の劣化が確認されています。)
   この結露の主な原因は、断熱材の種類、施工場所にあるのですが断熱材だけをよくして外断熱にすれば良いという訳ではないのです。湿気が温度差によってこもることが結露の発生原因なので、湿気がこもらなくすることと同時にその対策として空気の移動をしてあげることが重要です。そのために換気が必要なのです。室内空気の換気がきちんとなされなければならないのです。
   特に結露が発生する季節である冬は、室内の湿度は高くても外の湿度は低いのです。外の空気を換気で取り入れることで室内の湿度もコントロールすることが出来るのです。

   断熱・気密・換気のこの3つが高次元でバランス良く工事されてはじめて、快適で暮らせる家となるのです。住み心地のいい家は、結露の発生を抑えます、その結果快適に暮らせることはもちろん家にとっても木を腐らせない、断熱材にカビを発生させない家となります。

人体が一生涯で摂取する物質の重量比

   換気の重要性を再び。

   我々人間は呼吸をしなければ生きていけません。成人男性は一日に約10㎥の空気を吸ったり吐いたりしています。重さにして約13kgです。
   さらに上のグラフが表しているのは、我々が生涯において口にする物質で一番多いのが室内の空気です。カビ臭い空気を吸い続けますか?慣れてしまってカビ臭いかどうかも分からなくなっている方が実際にはほとんどですけどね。
   健康食品や健康飲料など飲み物や食べ物に気を使ってもわずか7%、8%です。室内の空気は57%です。
   赤ちゃんや高齢者などの生活弱者になると室内の空気の比率はもっと上がります。ですから最近のアレルギー疾患のお子様が多いのはここに一番の原因があるのです。(※先天性のアレルギー疾患を除きます。)
   特に断熱性が高い家が増え、しかし気密や換気をおざなりにしている家が大半な現在において、アレルギー疾患の方が増えている現実は、家の性能不足が引き起こす結露、結露が引き起こす空気が汚された家が理由の一つだと考えられています。
   断熱・気密・換気の3つを家の性能3兄弟と呼んでいます。この3つを高次元で工事することで、室内の温度差が少なく、当然トイレやお風呂が寒くなく、2階や小屋裏が蒸し風呂のようになることがなく、結露を起こさない、空気のキレイな家になります。結露を起こさないので構造材の柱やコンクリートはいつまでも新築時の耐久性をもち続けることになります。逆を言うと結露対策がなされていない家は、10年後以降つまり家の性能保証が切れた後に柱の腐れ断熱材がカビカビになるなどの構造的な耐久性の劣化の心配があるのです。

   住み心地のいい家をつくると快適でエコな家になるのはもちろん、構造的に劣化がしにくい家となります。木にもコンクリートにも快適な家になっているからです。

ページの先頭へ

「気密」きみつ

気密と聞いて、聞いたことがない方も多いのではないでしょうか?
辞書によると、気密(きみつ)とは、
「密閉して気体の流通を妨げ、気圧の変化の影響を受けないようにすること。『―構造』『―性が高い』」
と書いてあります。家づくりにおいては、外気と室内に隙間なく家をつくることを表します。気密性能の高さはC値という数字で表します。
C値は、隙間相当面積といい家にどのぐらいの隙間があるのかを測定し数値化したものです。隙間面積を表す数値なので数字が大きいほど隙間面積が多きことを表しますので、数字が小さいほが高性能だ、いい家だということを表しています。
ここまで読まれて分かりますか?
   前に書いたある「断熱」で、高性能な断熱材を使用して家をつくったとします。その家が隙間だらけであったとしたらどうでしょう。どんな断熱工事をしても気密工事がなされていなければ絵に描いた餅といっしょです。どんなに室内を暖房しても隙間風から外の冷気が侵入してくるのですから!
隙間風はどこからくるの?

隙間の説明がこの図になります。
   暖められた空気は膨張して上昇します。これは自然の力です。そして、家に隙間があればそこから外にどんどん出ていきます。すると、外に出て行った分だけ冷たい空気が家の下の隙間から入ってくるのです。冬場に足元がスースーするのはこうなっているからです。
   高性能な熱を伝えにくい断熱材を隙間なく施工する=高気密に工事することで初めて住み心地のいい家となります。
   では隙間なく施工するためにはどうしたらいいでしょうか?
   それは、断熱材を基礎コンクリートや柱梁といった家の主要構造体の外側に施工することが大切です。家の外側ですっぽりと覆ってやるのです。そうすることで断熱材を施工する面が統一され、断熱材を隙間なく施工することが容易になります。
内断熱と外断熱

   内断熱工法と外断熱工法の断熱材の施工場所を分かりやすく図にしたものです
   色が分かりにくいかもしれませんがベージュの部分が断熱材です。内断熱工法の場合柱と間柱部分には断熱材を施工することが出来ません。さらに筋交いという斜めの柱部分の施工も非常に困難を極めます。それに比べて外断熱工法は柱や間柱が邪魔することなく断熱材を施工することができます。

断熱工事の様子
   弊社のソーラーサーキットの家断熱工事の様子です。窓周りなどはより慎重な施工で隙間をつくらないようにします。

断熱施工の様子

断熱材施工後は、断熱材の取り合い部分、窓部分など写真のように気密テープを貼りさらに隙間をなくす工事を加えます。
   こうして高気密に工事をして初めて、高断熱の家が性能を発揮するのです。

気密検査

   そして、気密測定士さんにお願いして家の気密工事を確認する『気密検査』を行います。この気密検査により工事の施工精度が数字としてはっきりと表れるのです。
   こちらの家(飯塚市のSCの家)は隙間を表すC値が0.18という数字でした。福岡の高気密とよばれる住宅はC値5です。北海道でC値2です。弊社が工事したこの家はその10分の1以下の数値です。工事精度としては10倍高性能に丁寧な仕事をした証しと自信を持って言えます。

隙間の大きさ

この赤い紙は、この家(飯塚市のSCの家)の隙間を全部集めた大きさです。玄関ドアや窓ガラスなど家全部の隙間を集めた大きさが名刺の半分にもなりません。弊社の工事力・施工力の高さです!他の会社さんのC値も調べてみませんか?
C値は、家の工事に於いて結果を唯一知ることが出来る実測の数字です。
   これも、住み心地のいい家をつくるためです。住み心地のいい家は、快適なのに省エネエコで暮らせる家なのです。

ページの先頭へ

「地鎮祭」じちんさい

地鎮祭(じちんさい・とこ しずめ の まつり)は、土木工事や建築などで工事を始める前に行う、その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得る。これには神式と仏式がある。一般には、神を祀って工事の無事を祈る儀式と認識されており、安全祈願祭と呼ばれることもある。鎮地祭、土祭り、地祭り、地祝いとも言う。
   一般には、土地の四隅に青竹を立て、その間を注連縄で囲って祭場となし、斎主たる神職のもと、建築業者・施主の参列の上で執り行う。祭場の中には木の台(八脚台という)を並べ、その中央に神籬(ひもろぎ、大榊に御幣・木綿を付けた物で、これに神を呼ぶ)を立てて祭壇となし、酒・水・米・塩・野菜・魚等の供え物を供える。また、関西などの特定の地方によっては伊勢神宮近隣の浜から砂または塩を取り寄せ、四隅に置く場合もある。祭壇の左右に、緑・黄・赤・白・青の五色絹の幟に榊をつけた「真榊」を立てる場合もある。この五色絹は五行説における天地万物を組成している5つの要素、つまり木・火・土・金・水を表している。 (ウィキペディアより)

その地域によって、また式を執り行う神社さんによって多少の違いがあります。弊社では地元の神社さんで執り行うことが多いです。
お施主様には、『初穂料』と書いたご祝儀袋をご準備いただき、初穂料としておおむね3万円を包んでいただきます。この初穂料も式を執り行う神社さんによって違いがあります。式に臨むにあたって準備するものなどは、工務店さん住宅会社さんにご確認するといいと思います。服装は正装が望ましいと思いますが、普段着でも結構です。ご参加の人数も事前に連絡をしていれば多少多くても大丈夫です。
弊社の場合、初穂料をご用意いただく以外にお施主様が事前にご準備するものはございません。

地鎮祭

ページの先頭へ
「上棟、上棟式」じょうとう、じょうとうしき

   日本で建物の新築の際に行われる神道の祭祀である。棟上げ(むねあげ)、建前(たてまえ)、建舞(たてまい)ともいう。
上棟式も地域により習慣が異なるようです。弊社では、柱・梁などの構造部材の材木を大勢の大工さんが集まって施工する日に上棟式を行います。上棟の作業は1日で完了します。
上棟の工事を行うお昼に、お施主様が工事に携わる大工さんたちにお昼をふるまう上棟式を執り行います。工事の無事、安全を祈念いたします。

上棟

   上棟式の食事、飲み物の準備をお施主様が行います。実際の段取りや準備はすべて弊社がお手伝いいたします。また、弊社ではお施主様から大工の棟梁にお祝いを包んでいただいています。金2万円を『御礼』(おんれい)と書いたご祝儀袋にご準備いただきます。料理などの準備、ご祝儀を合わせて約5万円必要となります。

上棟式

ページの先頭へ

「断熱」だんねつ

先ず、断熱工事の様子をご覧ください


「柱などの構造体である材木の外側に板状の断熱材(肌色にみえるもの)を施工している大工さんの様子。」

(ブログの記事はこちら「断熱工事 外張り断熱by大工工事」「外張り断熱工事」)
 断熱材→ウィキペディア

   『断熱工事』は、本来快適な「住み心地」を得るために行う工事です。冬に寒い外気の影響を室内が受けないようにすることが本来の目的です。
   外気の影響を受けにくくし、室内の暖房器具が効率よく活躍するためのものです。家を断熱することで、寒い冬でも室内は暖かい部屋にすることが目的です。
   日本は地下資源に恵まれません。エネルギーの多くを頼っています。エネルギー自給率はわずかに4%に過ぎません。(詳しくはコチラ

   1970年代、73年と79年にオイルショックが起きました。49歳の私はその時のことをおぼろげながら覚えています。トイレットペーパーがスーパーからなくなり、砂糖も店頭から消えました。世の中が商品不足でパニックになっていました。お一人様1個限りとのチラシがあると、母に連れられて子供ながらお一人様になりました(笑) 今思うと風評被害の部分もあったかと思います。
   このオイルショックから家の省エネルギー化が叫ばれるようになりました。断熱工事がなされていない家は、ストーブをガンガンつけても部屋が暖まらないので石油がどんどん消費されるからです。(いまでも断熱性能が悪い家は、石油ファンヒータをガンガンつけても寒いようですが・・・)
断熱=熱を断つと書きます。すなわち、外気温を室内に入れないように熱を断つことです。現実には完全に熱を断つことが出来ないので、室内に入る寒気を少なくする。室内から出ていく暖気を少なくすることになります。(冬の場合)  外の気温を伝えない、熱を伝えにくい性能をもった断熱材が必要になります。熱を伝えにくい素材のものが優れた断熱材といえるのです。ですから断熱材の性能を表す場合、熱伝導率という数字で表されます。熱を伝えない方が性能的に優れているので熱伝導率の数字が小さいほうが優れていることを表しています。
   弊社がつくるソーラーサーキットの家は、ポリスチレンフォーム断熱材を使用しています。
熱伝導率[ W/(m・K) ]は、0.028以下です。
(参考までに グラスウール10kは、0.050 W/(m・K)  グラスウール16kは、0.045 W/(m・K))

ソーラーサーキットの家では高性能な断熱材を使用しています。だから高断熱の家と呼びます。
   または、断熱工事に関して「次世代省エネ基準」もしくは「省エネ等級4」の家のことを高断熱の家と呼んでいます。しかし実際には「高断熱の家」に関して、明確な基準がないので、その会社にとっての高断熱の家というのもあったりするんですよね・・・
弊社がつくるソーラーサーキットの家では、断熱性能は「省エネ等級4」でつくる正真正銘の高断熱の家です。
どうして高性能に作るか?

   それは快適に暮らしていただくためです。快適に暮らせる家を「住み心地」のいい家といいます
   「住み心地」のいい家は、断熱性能が優れた家です。外気温を室内に入れにくい家です。室内の温度が外の影響を受けにくい家です。

ページの先頭へ
現在「な」行に該当する項目はございません。
現在「は」行に該当する項目はございません。
現在「ま」行に該当する項目はございません。
現在「や」行に該当する項目はございません。
現在「ら」行に該当する項目はございません。
現在「わ」行に該当する項目はございません。

ページTOPへ