ソーラーサーキットの家

ソーラーサーキットの家
/ About Solar Circuit House

『断熱』って何? 『気密』って何? 『換気』って何? 隙間風はなぜくるの?

ソーラーサーキットの家は省エネ・エコな工法の家

ソーラーサーキットの家とは、最新の高性能住宅に多く採用されている冬を快適に過ごすための「外断熱」工法にプラスして、古からの日本家屋の特徴であった快適に夏を過ごすための風通しの良さ(排熱)を「二重通気」という風の通りを家の壁の中に つくることで取りいれた外断熱・二重通気工法でつくられた家のことです。

ソーラーサーキットの家の「ソーラー」は、太陽という意味だけでなく太陽を含めた自然エネルギー全てを含んでいます。

「サーキット」は、循環・回路を意味します。自然エネルギーを家中に循環させ、快適な住み心地を得る省エネ・エコな工法の家です。

大工さんの匠の技なくして『住み心地の良い家』は造れません。

新しい技術である外断熱工法は、高気密・高断熱で冬期にその性能を発揮します。 しかし、夏期には『熱ごもり』(室内に入った熱が逃げず、外より暑くなる)という欠点があります。
夏のビニールハウスや車の中を思い浮かべてもらうと良く 分かります。 ソーラーサーキットの家は、家の躯体内(床下・壁の中・小屋裏)と、外壁材と外張り断熱材の間に2つの通気空間(風の通り道)があります。

二重通気の構造図躯体内の通気空間(風の通り道)をインナーサーキット、外壁材と外張り断熱材の通気空間(風の通り道)をアウターサーキットといいます。夏期には躯体内通気空間(インナーサーキット)を開放して、家にこもる熱を排出します。 また、家の躯体内を通るので柱や梁などの木にも風がとおり、木の状態を良好に保つと同時に、木が持っている調湿作用を発揮させ湿度も抑えるのです。

いわゆる日本家屋の伝統である風通しのいい家、という長所を併せ持っています。
アウターサーキットは、屋根や外壁の熱を一年を通して排熱しています。熱を逃がさない!熱を逃がす!といった相反する性能を、季節に応じて変えられることで一年を通して快適に生活できる家なのです。

きれいな空気の家""健康な家"は、福建住宅がつくるソーラーサーキットの家で実現

ソーラーサーキットの家は、基礎・壁・屋根と全ての部分において断熱材を躯体の外側に施工する『外断熱』工法です。 基礎や屋根は内断熱を採用している外断熱工法とは違います。 すべての部分が「外断熱」です。家全体を断熱材でおおい、更に空気の通り道であるインナーサーキットの効果で室内の温度差が少なく、特に冬期における温度 差による健康被害の『ヒートショック現象』を防ぐ"健康な家"なのです。冬 期における部屋間の大きな温度差は、心臓・血管に大きな負担をかけます。"きれいな空気の家" "健康な家"は、福建住宅がつくるソーラーサーキットの家で実現できます!!

お電話、またはフォームよりお気軽にお問合わせください。

当社に関するご質問や、各種サービスに関するご相談は、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ お問い合わせフォームはこちら
TOP