社長ブログ

社長ブログ
/ President Blog

上棟と餅まき その2 春日市須玖北の家 福建住宅株式会社

2017.09.24 カテゴリー:春日市須玖北の家
9月23日 秋分の日 大安吉日 上棟 梁桁の上に2階の床下地である合板張りです。弊社ではこの合板を厚さ24mmのものを採用しています。剛床(ごうしょう)工法といって床面を強くすることで剛性耐震性を高めます。
床張り後2階の柱を建てていきます。
2階の梁桁です。 2階の梁は、小屋梁(こやはり)と呼びます。
2階の柱の傾きを調べて垂直に直し仮筋交いを取り付けます。
小屋束を建てます。
小屋束の上に母屋を取り付けます。
家の一番高いところにある棟木(むなぎ)の取付完了です。 棟木が上がるから棟上げ(むねあげ)といいます。
お昼、お施主さんと大工さんたちみんなで昼食をいただきます。 昼食の〆は、「祝いめでた」を歌います。 博多で祝い事のときには、祝いめでたを歌います。 その3につづく
一覧へもどる

お電話、またはフォームよりお気軽にお問合わせください。

当社に関するご質問や、各種サービスに関するご相談は、こちらよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら
TOP